猩々メッタ

猩々メッタ

「猩々(しょうじょう)メッタ」と呼ばれる大きな人形が、バリン(下が割れている大竹)を持って、祭囃子と共に町内を歩き廻る、名和地区の伝統的な祭り。毎年9月第4日曜日とその前日に、名和町にある「船津神社」を舞台に行われます。
この大人形が持つバリンで頭を触ってもらうことで、「徳」と「福」を授かるとされています。また、厄払いや厄除けとしても信仰されています。【開催時期:毎年9月第4日曜日とその前日】

イベント情報

開催時期 平成30年9月22日(土)・9月23日(日)
開催場所 愛知県東海市名和町船津一番地(船津神社)

ページの先頭へ