聚楽園大仏Learn Spot

聚楽園大仏

名鉄聚楽園駅から見上げると、森の中から顔を出す大仏。1927年に、昭和天皇のご成婚を記念して開眼供養されました。高さは18.79メートルもあり、奈良や鎌倉の大仏よりも大きい大仏です。一帯は東海市指定文化財に指定されており、市のシンボルとしても多くの人に親しまれています。
大仏は高台にあるので、周りの景色を見渡すと、製鉄所などの立ち並ぶ風景や東海市の街並みも一望できます。

建立者「山田才吉」

美濃国出身の実業家。守口漬を考案し、評判になりました。また愛知県下で初めて缶詰製造販売に参入。才吉が創業した「きた福」は「喜多福総本家」として現在も守口漬の製造販売を続けています。才吉が手がけた施設は、聚楽園大仏以外にも東陽館、南陽館などいろいろあります。

フォトギャラリー

夕日に輝く大仏様 後には 名古屋駅前ビル群を従えた 存在感のある聚楽園大仏様を撮りました、

にゃん福閑人

大仏の頭上を鳥が何周も回ってました。 人間だけではなく、鳥にとっても憩いの場のようです。

ふじきんさん

聚楽園から製鉄工場を見渡せます

施設情報

住所 〒476-0003 愛知県東海市荒尾町西丸山(聚楽園公園内)
駐車場 あり
ホームページ http://www.city.tokai.aichi.jp/4337.htm

付近の観光スポット

  • 平洲記念館・郷土資料館 東海市出身・江戸時代の儒学者である、細井平洲(へいしゅう)の記念館。館内には、平洲直筆の書画...
  • カゴメ記念館 東海市で生まれたブランド「カゴメ」の歴史がわかる記念館。当時の貴重な写真や資料、道具などが展...
  • 加家公園(メルヘンの森) 木々に囲まれた加家公園には小川が流れ、芝生広場には可愛いキノコのベンチがあり、子どもたちが喜...
  • 聚楽園公園 東海市のシンボルとも言える、高さ約18メートルの大仏が鎮座しています。公園内で、季節を感じたり...
  • 嚶鳴庵(おうめいあん) 聚楽園公園の丘にある「嚶鳴庵」は、細井平洲が江戸で開いた塾の名前「嚶鳴館」にちなんだ茶室です...
  • 愛知製鋼・鍛造技術の館 「愛知製鋼(株)」が、創業以来培ってきた「自動車用鍛造品」づくりの技術、地元知多半島に残る「...

ページの先頭へ