• HOME
  • 公通組山車蔵【八公車】(尾張横須賀まつり)

公通組山車蔵【八公車】(尾張横須賀まつり)Learn Spot

公通組山車蔵【八公車】(尾張横須賀まつり)

*山車蔵はご覧いただけますが、扉が閉まっておりますので、山車はご覧いただけません。
大教院の門前に八公組の山車蔵がります。

★★公通組山車八公車について★★
八公組山車(東海市文化財)
寛政年間(1789-1801)の建造
高さ約6m15cm、間口2m50cm、長さ5m45cm、重さ約5t
大幕は猩々緋。(しょうじょうひ)
水引き幕は金糸で縫いつぶした上に吉祥模様が散在している西陣織。
人形は唐子(からこ)が大人の肩にとまって宙返りをし、大人の持っている太鼓をお囃子にあわせてたたくしぐさをします。
現在、圓通組と八公組は合併し、公通組となり、2台の山車が隔年ごとに祭礼に引き出されています。

資料はこちらからご覧ください

http://www.city.tokai.aichi.jp/5655.htm (東海市役所HPより)

*山車をご覧になりたい場合は、毎年9月の第4日曜日とその前日に「愛宕神社」の例祭として行われる「尾張横須賀まつり」にご来場ください。
 http://www.tokaikanko.com/event/yokosukamatsuri/ (尾張横須賀まつり)

施設情報

住所 東海市横須賀町三ノ割
駐車場 なし

ページの先頭へ